分院展開が最大のリスク

この記事は1分で読めます

本日のテーマ「 分院展開が最大のリスク 」です。

コロナの影響で新規が半分になっています。

でもうちは美容があったので、何とか最小限のダメージです。

以外に売り上げ落ちずにやっています。

あと、月額制でやっていたので、新規が来なくても売り上げがあるというのは助かりました。

やはりビジネスモデルを一気に業界的に変える時期なのかもしれませんね。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 こと 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

この2・3年で一気に分院展開をしていった院が、今や虫の息です。

特に柔道整復師の免許を持っていても高額回数券を販売していたり、柔道整復師の資格を使わず「整体院」という形で集客に自信を持っていたような院ほど閉院や売却などによる経営者の交代が行われています。

特に今の時期に水面下で加速しています。

恐らく6月以降に色々な話が出ると思います。

このような状況を見て、やはり目先の売り上げだけにとらわれず、常に10年先のことを考え、理念に沿った経営が必要なのだなと改めて感じています。
今の売り上げより、10年先の売り上げの方が大切なのです。
この業界では「今儲かる」といったものを採用すると、初めはよくても5年・10年経てば必ず勢いがなくなってきます。
そういったことを考えたうえで、儲け話を聞くようにしましょう。
特に、マーケティングに特化している人ほど、それができなくなった時に何もなくなってしまいます。

新規に頼らない治療院経営が非常に重要なのです。

私も常に10年先のことを考えて、経営を進化させています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る