当院の不妊治療に、興味あり!?

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「不妊治療に以外にも興味ありの人が多かったです」です。

朝一一人で海で散歩していたら、ヤドカリを発見しました。

沖縄は最高ですね!

ヤドカリって食べられるのかな?

基本的にはカニみたいなんでおいしい気がしますが。。。。。

どうなんだろう?

ヤドカリをバーベキューすると・・・と想像して散歩していました。

ちなみに、持ち帰って、子供にプレゼントしました。

今ベランダで遊んでいます。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

 

 

不妊治療の誤解について触れます。

不妊治療は、責任が重すぎるし、妊娠しなかったらクレームになるからいやだ。

という先生がいます。

正直言います。

もし、病院の人工授精や、体外受精がうまく行かなくて、妊娠しなかったとき・・・

病院にクレームを言いますか?

答えは、NOだそうです。

不妊治療は、確率を100%にするものではなく、

妊娠確率を上げるものです。(100%はあり得ませんがそれを目指すことはプロとしてもちろんしますよ、。それは大前提。)

病院も当院もやっていることは違いますが、

命を火をともす確率を上げるためにやっています。

クレームもなければ、責任を重く感じすぎるのは、行き過ぎた解釈な気がします。

かといって、責任感なしにやっているかというわけではもちろんないですよ。

病院では確実にできないアプローチを当院ではやっています。

スタッフと初めてセミナーに行った時に確信に変わりました。

不妊治療は、重くとらえているのは、治療家だけだと・・・

私も初めはそこが気になっていたのですが、

セミナーに参加して、話を聞くと。。。

治療に来る患者様と同じ感覚でした。

100人来たら100人を治すことはできません。

しかしその人数を増やす努力は。。。

確率を上げる事は、プロとして当たり前のようにします。

治療でも、100人来たら100人治すのは、無理なのに、

不妊で100%ではでないとできないという先生がいます。

不妊の場合は仮に50%でも、かなりの地域貢献だと思います。

病院は、30%前後と言われていますし。。。。。

先生の院から息子や娘がドンドン誕生するイメージです。

その子はきっと母親から

「あなたは、OO治療院に行ったお陰で生まれたのよ」というでしょう。

生みの親、育ての親でもなければ。。。。。

命のきっかけの親みたいな感じですかね?

最高の地域貢献になりますし、うちのスタッフでもすぐにできる内容なので、

そのままフォーマットに従えば、直ぐに毎月100万円以上の売上は上がるようになると思います。

当院の妊活ファイルがあれば、その確率もグッと上がる事でしょう。

それでは、明日募集しますので、楽しみに!

どうしても参加したい方は。。。フライングで申し込んでもいいですよ(^◇^)

PS:実は以外に興味を持っている人が多いので、フライングもありかと思い前日に募集してみようと・・・

https://doctor-ex.jp/Lc391/63771

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る