最強のブランディングは集客よりも・・・

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「ブランドを維持し続けるには?」です。

先日、私の子宝整体の師匠とセミナーをしました。

改めて、不妊整体の必要性を感じました。

私も現場に入って患者さんに対応しているのですが、やっていてやりがいが半端じゃないです

また報告しますね。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

現場に入って感じる事があります。

私は0と1にするのが非常に得意です。

だからこそやるべきことがあります。

それはやり方が変わった現場を知ることです。

10年前と違う感覚を感じています。

 

 

今回は私が以前からお話していた「新規に頼らなくてもいいビジネスモデル」のお話をしていこうと思います。

具体的には、「一度来てくれた方がまた悪くなったら来る」「定期メンテナンスに来る」というようなモデルです。

新規が全く来なくていいという話ではなく、来院から1~2年空いたとしても「悪くなったからまたあそこに行こうかな」と思ってくれるような治療院を作るというものです。

構想自体はかなり前からありましたが今年の春稼働し始め、夏には八割ほど完成し、これから現場に入って残りの二割を完成させていこうと考えているところです。

明野院と宗方院とでは少し違いはありますが、この4月から料金体系ややり方を変えました。

それに伴って(当院では「旧患」という風に呼んでいますが)新患ではなく一度来てくれた方がもう一度新患になって戻ってくるといったことが多くなってきたように感じます。

地域差もありますが、もともと宗方院はこの旧患さんが多かったのですが、明野院では少なく旧患さんが戻りづらい状態にありました。

それが今のやり方に変えて少しづつですが、「一度来てくれたらファンになってくれる」ようなモデルが出来上がりつつあります。

実際に来院される患者さんには二つのニーズがあると考えています

一つは「痛みだけとれればいい」という方、もう一つは「痛みの出ない身体づくりを指導してほしい」という方で、そのニーズをしっかりと分けていくことが非常に重要になってきます。

実際に当院も分けてやることによってかなり変わってきました。

また、治療方法も変えたため以前は治療に5・6回かかっていたものが、今では早い人は1・2回、遅い人でも3・4回で痛みがなくなり、症状が改善されています。

スタッフの技術も向上し、患者さんを治せるようになるということはとても良いことではありますが、経営としては全員が一日で治ってしまうと困ってしまうんですよね

そういった状態になれば新規の方が紹介で来院されるようになるかもしれませんが、ある程度長く通院してもらいたい経営側と、早く治したいというスタッフ・患者さん側とで相反するところがあります。

もちろん患者さんを第一に考えますけどね。

健康保険でやっていた時は「〇百円なので来てください」といえば来院されていましたが、私の中では健康保険のみで運営しているところは「生きてる化石」「時代遅れの時代遅れ」だと思っています。

ですので、自費でちゃんと来院してもらうために治療目的もそうですが痛みの出ない身体を作りたいといった別の目的をもってもらわなければなりません。

価値がなければ意味がないのです。

本物を追及していくということをこの先も永遠にやっていかなければならないと感じています。

以前よりも来院される方が増えていますので、これが3年もすれば「新規に依存しない」「新規集客を一切しなくていい」「紹介だけで成り立つ」治療院ができると感じています。

「集客だ!集客だ!」というのが現在の風潮ですが、私は真逆の方向でやっていこうと思っています。

このやり方は相当な時間を必要としますが、一回できてしまえば長く使えるモデルだと思っていますので、ぜひ皆様も考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る