美容道場好評でした。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「美容道場が危険領域まで行きました。」です。

おはようございます。

最近、息子と特訓というなのランニングをしているのですが。。。

本格的過ぎて、息子が3回に一回はきつすぎて泣きます|д?)

でも、泣いても本人が最後までやるというので、お構いなしやっています。

近所の人からは虐待!?と思われるほどスパルタ教育の・・・

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

美容道場の参加者から喜びの声がえげつないです。

正直セミナーの満足度が高いです。

それなりの金額をしますが、正直1日で回収できる領域です。

セミナーもそうですが、うちのスタッフが創りこんだ資料がすごいことになっています。

 

 

うちの美容は、美容にもかかわらず患者様から紹介を貰えます。

ちなみに今月紹介キャンペーンをやっているのですが、患者様の紹介で、

既に約10名の枠が埋まっています。

美容は、紹介がもらえないと言われています。

そんなことはありません。

試行錯誤した結果、患者様が紹介してもらえるほどのプログラムを作りました。

さらに整骨院はこれから経営が厳しくなります。

保険が正直終わります。

10年経ったら交通事故も車の性能アップで、起きなくなります。

それを見据えて今のうちに何かの柱を確立しないといけません。

治療だけで、経営を成り立たせるのは正直厳しいです。

もし治療だけで成り立たせるのは、整体院化し、本物の技術提供をすることです。

さらにそれだけでなく、整体でも本格整体で、オリンピック選手が困ったときに通う程の治療メニューを作らんければ、

厳しくなるでしょう。

本物しか残らない!

そんな時代がもう目の前です。

保険依存の高齢者が通う整骨院はもう終わりました。

美容しか生きる道がない訳ではありませんが、これからは器用な経営が必要になってきます。

当院は、たまたま美容が良いスタッフに恵まれてうまくいっています。

これは正直たまたまで、いずれうまくいかなくなると思います。

試行錯誤して、現在も改善改善で、恐らく5年は大丈夫なモデルができているでしょう。

常に進化して、常に五年未来のモデルを作り続けないといけないと思います。

まさに先日5年先の経営の基盤になる一つである美容道場で全てを話したのですが、半年前から深化し過ぎています。

再受講の方も多かったのですが、半年でここまで変わるのかと思う程進化していました。

数名の方から、情報を知りたいとの問い合わせをいただきましたが、セミナーに来ていない人には、教えられません|д?)

だって教えるだけで、一日かかりますから・・・・

そこで近々美容道場第一期の動画を販売しようと考えています。

ちなみに先日行った第二期の動画は最新すぎるのでお渡しできません。

セミナー受講者のことを考慮してのお話です。

ちなみに第一期だから古いのかというと。。。。。

誰もが古いとは思わないレベルです。

資料だけでも恐らく数百万円の価値のあるものだと思います。

それでは皆様公開まで楽しみにしてて下さい。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る