やっぱり経営は、三つの要素が必要

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「経営に大切な三つの要素」です。

親友のがんのお見舞いに行きました。

以外に普通でした・・・・・・

「お前も大変だったよな・・・」

と逆に心配されました(ー_ー)!!

おいおいお前は死を覚悟した人間だぞ・・・・

お前みたいなドラマチックな奴はいない!!!

お前には勝てない!

と言って、重い話が笑いに変わったがん患者との会話でした。。。。。

ガンを笑いに変える親友と私の気の使ってなさに隣にいた奥さんもちょっと安心していました!(^^)!

またその話はしますね。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

当院からの卒業生第一号が経営している整骨院に行ってきました。

当院からの卒業生はもう何人もいまして、ほとんどの方とは年に1回飲み会をしたりしていますが、その中でも開業から約5年働いてそこから独立した元スタッフがいます。

 

 

彼も今は経営者で、彼のお店は開業して約6年になるのですが、様々な経験をしたようで今では自分の趣味に近いような整骨院が出来上がっていました。

顔を見ただけで、とても楽しそうでストレスなくやっているんだなということを感じ取ることができました。

今回は私からお願いしたいことがあり、インタービューを受けてもらったのですが、開業当初とはかなり形を変えて、自分の性格に合った院運営をされているようでした。

彼は元々筋トレが大好きで、見たこともないような筋トレマシーンが置いてあったり、今はパーソナルトレーニングのメニューを作っていたりと、本当に自分が楽しめる院づくりをやっているんだと感じました。

この「楽しい」ということは非常に重要なことだと、私は思っています。

すごい額のお金を稼ぎ、誰からも羨望のまなざしで見られるようになったら成功だと思われる方も多いかもしれませんが、人それぞれ成功の形は違います。

分院展開をどんどん進めて行くことが成功だと思っている方もいますし、逆に一つの院で自分の作りたい院を徹底的に作っていくことが成功だと思っている方もいます。

その中で私が思うのが、いかにして自分がやっていて楽しい院を作っていくのかが非常に重要だということです。

自分のやりたい整骨院、自分のやりたい経営をするには、時には自分のやりたくないことをしなければならないこともありますし、苦しい時もあると思います。

ですが、経済的に苦しくなったとしても、どんな困難にぶつかったとしても、情熱がある限り走り続けることができ、何度挫折しても情熱が再生できるということがポイントではないかと思います。

皆様も考えてみてほしいのですが、もし仮に今の院の売上が下がってしまい利益も上がらず、続けることが難しくなってしまったとき、事業の転売などをして「辞める」という選択肢をとるのか、それとも歯を食いしばってもう一度ゼロから始めるんだという思いをもって「続ける」という選択肢をとるのか。

どちらの選択肢をとるのかというのは、非常に大きな違いだと思っています。

その質問を自分にしたとき、「辞める」という選択肢をとるということであれば、最初から業績のいい時に転売をして、そのあとは自分の好きな事をやってみればいいと思います。

私は、仕事とはお金のためだけにするものではなく、幸せになるためにするものだと思っています。

それには多少の収益が必要で、収益がなければどうしても楽しさというものも感じられなくなってしまいます。
なので、苦しくなっても少しでも自分が楽しいと思える院を作るのは非常に大切なんだなと感じました。

皆様どんな院を作りたいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る