業界初でハイボルテージの回数券を考えたのは私です。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「12年前考えた回数券が業界の常識になっていますね」です。

今までの常識は、これからの非常識です。

今の非常識は、未来の常識になる可能性があります。

スマホが進化しまくっていますね。

アップルがその世界を加速させました。

時計からスマホから、タブレットまで・・・

ジョブズがこの世界を変えましたね(^◇^)

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

今回は私が12年前に業界で初めてといっていいほど、だれもがやっていなかった回数券制を始めた理由についてお話ししようと思います。

今、整骨院業界では回数券制・プリペイドといったことがかなり進んできています。

私が回数券制をスタートしたのは、12年前、開業する前にハイボルテージという機械に出会った頃にさかのぼります。

当時、23歳の私には悩みがありました。

 

 

それは、治療の途中で患者さんが来なくなってしまうというものでした。

途中で来なくなってしまった患者さんと街中で会うことがあり「○○さん〇回しか来てないけど、あれからどうですか」と聞くと「すごく調子がよくなったから行ってないのよ」と答えられました。

ですが、しばらくしないうちにまた同じところが悪くなり、その方が来られるようになりました。

患者さんの勝手な判断により、さらに悪くなってから来られるという状況を何度も目にし、私は「これは大問題だ」と感じたのです。

例えば、歯医者さんに行って仮の詰め物をした状態で行かなくなってしまうと、治療をしている先生もそうですが、治療をしてもらっている本人も後々困りますよね?

また、とてもおいしいと評判のラーメン屋さんに行ったとき、麺も食べずスープも飲まずにチャーシューだけを食べて出ていったお客さんがいたとします。

店主からすると「うちの麺の味もスープの味も知らずに、チャーシューだけを食べるだけなんてなんて損なことをしているんだ。麺もスープもチャーシューもすべてを味わって初めてうちの味がわかるんだから、チャーシューの味だけで判断しないでほしい」と思うでしょう。

そんな悩みを抱えながらあるお店に行ったとき、私は100円券や200円券がつづりになっているのを目にしました。

その瞬間「これならみんなちゃんと最後まで来てくれるのでは」と思い、そこから5回券という形で回数券制がスタートしました。

すると、ほとんどの方が回数券を購入し、きちんと5回来てくれるようになりました。

その結果、患者さんの症状もとてもよくなり、「また悪くなったら頼むね」と言われる方もいらっしゃいましたが、再び来院されるまでの期間も長くなり、よほど痛いときしか来なくなりました。

12年前、勝手に機械を買って、勝手に実費治療をしていましたが、今となってはよくやったなと感じています。

今、回数券制を取り入れているところは儲かるからと言って、会社の利益のためにやっているところが多いようですが、本来は「患者さんの症状をしっかり見たい」「患者さんのためにも回数券制にした方がいい」という思いから作られた、「患者さんのためのもの」なのです。

ですので、皆さんも今一度「全ては患者さんのために」ということを大切にしながら、コースやメニューの構成を考えてみてはいかがでしょうか?

うちも実は新しいやり方にチャレンジしています。

また公開しますね。

ちなみに大分では、まだどこもやっていないやり方です。

業界的にはそこそこあるあのやり方です。

それを進化させました(^^♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る