なぜ自費メニューが売れないのか?

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「なぜ自費メニューが売れないのか?」です。



ある人から以前こんなことを言われました。



愚者は、自分しか売れないものを売る。



賢者は、誰でも売れるものを売る。



確かにそうだな・・・・



治療院業界は、どうでしょうか?





おはようございます。



整骨院・整体院・美容整体連動型



一院高収益・社員高還元モデル実践者



「株式会社 怪物」

 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。





「自費メニューを作ったのに売れません」



こんな相談を受けました。

また「スタッフがその自費メニューをうまく勧めれない」

ということでした。



結論から言います。



その悩みは永遠に解決できません。





健康保険ではなく、自費をうまくいかせるには何が必要なのでしょうか。

 

 

このスタッフには、このメニューだ、と言う選別は、基本的には、スタッフにはできないことだ、と思っていた方がいいのです。

相当なプレゼンテーション能力やしっかりと相手のニーズを引き出す質問力がないとなかなか難しいのです。

うちの場合は、研修に研修を重ね、できるようになったのですが至難の業です。

人により数字の差はでますね。

どうすればうまくいくのか・・・。

結論から言うと、

自費メニューと保険メニューを分けること自体がうまくいかない理由」です。

スタッフが、自費か保険かを選別しなくても、自動で保険しかない、自費しかないという環境をつくることが重要なのです。

患者さんが払う、最低のレベルを上げる事です。

保険と自費が2つに分かれている時点で成功はしないということですが。。。

自費がある中で、不妊や脱毛や肩、腰などの痛みをわけるのは構いませんが
保険+自費メニューを勧めるにしても人間は基本安い方を勧めてしまうのです。

例えば、同じ肩が痛いに対して、自費と保険が存在する・・・・

これはうまく行きようがありません・・・・

人は、単純にいい人になれるわけですから。

安い方を進める方が表面的にはいい人っぽく見れますしね。。。。

また高いメニューを勧め、良くならなかったらどうしよう、という気持ちに陥りがちですから。

今大手が、軒並に自費メニューをし始めました。

10年前と同じ治療法やメニューでは間違いなくうまくいきません

時代は変わっています。

イメージ的には、未だガラケーを使っているような感じです。

10分以内の施術で、回転重視という所が多いですよね。

皆様も、自費と保険でメニューを分けるとうまくいない
というのを頭に入れてやっていってくださいね、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る