痛みを取るだけの治療院ではこれから勝てない

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「戦後のような劇的な変化の治療院業界。あなたはどう変化する?」です。

11月末に不妊治療のDVDを発売します。

不妊治療をこんなモデルでやっているんだなと理解できる内容ですので、是非ご覧下さい!

ちなみにみたからといって施術が明日からできるという感じではなく、ビジネスモデルを学ぶという感じです。
既にやっている方やこれからやる方には差異的な内容だと思います。)

施術は、DVDで教えるのは正直難しいので、ビジネスモデルだけの話をしました。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

 

前回は「ニーズの商品」のお話をさせていただきましたが引き続き、「ウォンツの商品」のお話をさせていただきます。

現在、分院展開を進めている院はたくさんあります。

その中には、治療だけの「ニーズの商品」を取り扱っているところもありますが、最近では「ウォンツの商品」を扱う院が増えてきました。

 

ウォンツの商品」とは何かというと、「治療だけではなく、治療した先の話までする」「長年苦しんでいた症状自体を出ないようにしてしまう」といった商品のことで、患者さんには「痛みをとるだけではなく、痛みの出ない身体づくり」までを行うようなものになります。

今までの治療院はマイナスをゼロにすることが目的の「ニーズの治療院」でしたが、マイナスをゼロにし、さらにゼロからプラスにもっていくことを目的とした「ウォンツの治療院」というのが治療院の新たなスタイルになりつつあります。

うまく行っている院は全部これですね。今。

「ニーズの治療院」と「ウォンツの治療院」では、最初の問診力というものが全く変わってきます。

基本的に、「ニーズの商品」と「ウォンツの商品」とでは販売方法が異なり、ここで失敗してしまう院がかなりあります。

当院も「ウォンツの治療院」を目指しているので、会社や治療の中身を変え、誰もができる仕組みを作ろうと日々努力しております。

また、スタッフにはプレゼンテーション力を磨いてもらうために、コミュニケーション力や人間力を上げるためのトレーニングも行ってもらうようにしています。

その結果、いい方向に向かっていると感じています。

販売方法やプレゼンテーションを変えるだけで、全く違った結果を生み出すのですが、その話を細かく説明すると長くなりますので、それはまた次回。

それでは。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 06.08

    他院の見学

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る